読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幻の食材「豚すじ」

買い物


それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー


今は存在しているか分からないが、東京に住んでいた頃、中央線の「吉祥寺駅」の新宿方面の高架下に「つるかめランド」というスーパーがあった。

店頭には野菜が市場のように並べられており、果物や旬の野菜がザルに盛られて一山100円などで売られていて、とても重宝した。

 

僕は基本自炊で食費を抑えていたのだが、東京生活の後半は、友人が遊びに来るわけでもなく、手料理を作ってくれる彼女もいないので、基本自分の空腹を満たすためだけに料理をしていた。

誰ぞに格好付ける必要もないわけで見栄えなどは全く気にしない。

そのくせ体の異常には敏感で二言目には「大病を患ったかもしれない」という、てかまず酒止めろよという不摂生人間だったので、野菜を取ることには心血を注いでいた。

 

ちょうど今時分の涼しくなってきた頃は、常温でも日持ちがするものも増えてくるため、僕は秋冬から春の直前まで、ひたすら大鍋に「豚汁」を作っては食べることを繰り返した。

本当に半年間毎日豚汁だった。まるで一毛作農家のようにひたすら豚汁を作った。

 

豚汁は基本的に美味しいのだが、毎日食べるとなると、しかもおかずがそれだけとなると、やはりメインを張るには肉がだいぶ多いぐらいじゃないと毎日がやるせない。

仕事を終わりのディナーが務まるぐらいの肉量は確保されるべきなのだ。

 

しかし豚汁で一番コストがかかるのは、やはり豚肉で材料費の3~4割を占める。

しかもそいつは煮込むことでみるみる小さくなっていきやがるのだ。

あんなに奮発したつもりなのに、次の日に肉だけ追加することもしばしばだった。

 

そして先に述べた「つるかめランド」なのだが、ここはどういうシステムで肉を卸しているのか不明だが、精肉コーナーには焼き鳥屋でよく見かける内臓系、ガツやカシラやせせり、ハツのついた鳥レバーなど他のスーパーと一線を画するラインナップだった。

豚肉もグラム88円ぐらいでとても安かったのだが、豚切り落としの近くにもっと安いパッキングされた奴らがいた。

 

「豚すじ/48円」

 

豚すじって、あの牛すじとかのあれなのかい?豚すじってあるんだなあ。いや豚すじってあるのか?聞いたこと無いぞ。へえ…豚すじってのがあるんだ。へえー。

などと初めて見る存在に純粋に驚いていたのもほんの数秒で、あとはひたすらこの豚すじという商品を値踏みし倒していた。

 

まず安いのか高いのか相場が分からない。がこれが成功すれば、材料費も減り肉も沢山の豚汁になる。今で言うwin-winの関係だ。(しかし肉的な存在に成り得るのか?)

生の豚すじは赤身と白質のなにかが絡み合って、しかも白身の方が割合は優勢だ。

 

以前牛すじを調理したこともあるので、とにかく煮込めばなんとかなるだろうと思い、ここぞとばかりに3パックぐらい買った。1キロ近くでも500円を切る破格だ。

 

そして家で圧力鍋で煮込んだのだが、牛すじより全然煮込まなくてもOKだった。

牛筋は圧力鍋でも30分は煮込んだろうか、その上あまりにも小さくなりすぎて入ってんだか分からなくて達成感のかけらもなかった。

豚すじは存在感を残したままで、肉肉しさも損なわれず、しかもこの白身の部分(これがすじなのか?)がトロットロで最高の塩梅なのだ!

しかも驚いたのは、豚すじから何かコクのようなものも出ておかずとして一皮向けた上に、朝起きて鍋を見ると、豚汁が煮こごりのようになっているのだ。プルンプルンなのだ。

なんだろう、コラーゲン?ゼラチン質が含まれているのか?

 

まあかくして、冬場は豚すじの豚汁をひたすら作り、食べ、なくなったら作るという生活をしていた。

だがある日ふと思った。

「人参大根はともかくこんなもん常食してるの俺だけだろう」という事実に気が付いたのだ。

世界でも例を見ない奇病にかかっても全く不思議ではない!

その日を迎えたら本棚の家庭の医学では絶対に解決できないな…と突然不安に苛まれた。

 

それでも僕は食べ続けた、豚すじ豚汁を。美味しかったからだ。

今は東京を離れ、豚すじを食べることもなくなったが、特に体に異常を来たしていない。

良かった。

 

現在は養豚が盛んな県で暮らしているが、スーパーで豚すじを見たことは一度もない。

お肉屋さんでも置いていない。残念である。

 

今日は夜は肌寒く、未だ東京在住ならそろそろ豚汁を仕込み始める時期だな、と秋めいた風に吹かれながら家路に向かう途中にそんなことを思った。

あのとろ~っとした豚すじの独特の食感を、冬場にせっせと豚汁作りを繰り返した冴えない日々を、300円ぐらいの安ワインと豚汁というトホホな組み合わせの晩酌を懐かしく思った。

 

みなさまの中で豚すじをスーパーでお見かけする機会があれば、一度食してもらいたい。

圧力鍋でなくても1時間ぐらい煮込めばとろとろになってそれに少し塩気を足すだけでも美味しいですよ。