読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

横書きの文章/ネットと流し読み

雑記

 

f:id:musicismath:20160921101618p:plain

 5年ほど前、書店で勤務していた頃、検品という作業があった。

注文した本の内容と冊数が伝票と誤りが無いかを確認する作業だった。

ある時検品したものが当時中高生に流行っていた「ケータイ小説」だった。

どんなものかと野次馬根性でパラパラとめくってみた。

文体や内容もさることながら、自分はこの手の本は読めないなーと思った。本当にケータイ(ガラケー)のメールなぞをを活字にしたようなものだった。

僕が一番違和感を感じたのはそれは文章横書きで構成されていたからだった。

 

雑誌や書籍だと雑誌はほぼ(文芸誌を除く)横書きで構成されており、書籍は縦書きのものが多いような気がする。

思えば学校の教科書もほとんど横書きだった気がする。社会・数学・物理・化学などなど。

むしろ国語だけが縦書きだ。なぜ国語は縦書きなのだろう。

 

 

調べて見ると人間の視野は横に200°、縦に110°ぐらいらしい。目の造形から見ても縦幅が横幅より長い人はまずいないあろう。

速読術という、一度に一行を瞬時に10文字ずつ訓練法がある。

端的に言えば、横書きの文章ではこれを4~5文字ぐらいをみんなナチュラルに行えるようになっているのではないか。

一時期話題になったコピペがあるがちょっと読んでみよう

 

 

こんちには みさなん おんげき ですか? わしたは げんき です。
この ぶんょしう は いりぎす の ケブンッリジ だがいく の
けゅきんう の けっか にんんげ は もじ を にしんき する とき
その さしいょ と さいご の もさじえ あいてっれば
じばんゅん は めくちちゃゃ でも ちんゃと よめる という
けゅきんう に もづいとて わざと もじの じんばゅん を
いかれえて あまりす。どでうす? ちんゃと よゃちめう でしょ?

 

これを縦書きに直してみた。

 

 

f:id:musicismath:20160921105420j:plain

 

 正直自分では、どちらも今さら何十回も読み、今回の思いつきでバイアスがかかっており、公正な判断が出来ているか不安だが、縦書きだと割と誤字に引っかかるようなきがする。

縦書きの文章は読み下すのに時間がかかる。

それゆえ小説などの本の世界に深くはまれるから、縦書きなんだろうか。

 

僕もまとめサイトなどを読むときはさささっと流し読んでいてたまに出てくる長文は 

 さらさらと読みつつ、もう二度三度ゆっくりした速さで読まないと内容を深く読み取れないこともある。僕の理解力に問題があることも一因ではあるが。

 

ネットは長時間眺めていても疲れにくいが、本は読んでいて疲れて休憩することがままある。

ただの考察なのでエビデンスなど何もないのだが。おそらく後者の方が脳を深く使っているような気がする。

 

秋に近づき読書に適した季節になりましたが、寝る前には縦書きの活字を読むことで深い睡眠を得られることが出来るかもしれない。と思いつきの雑記でした。

本件はこのまま鋭意調査を続行したいと思います。