読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂のアクビ

健康・映画・ライフハック

すばらしきこのせかい…「グッドモーニング、ベトナム」

f:id:musicismath:20160908011905p:plain

             あらすじ 

ベトナム戦争中の1965年。サイゴンの米軍基地にDJのエイドリアン・クロンナウアーがやって来る。ギンギンのロックを流し、マシンガントークを繰り広げるクロンナウアーは、たちまち兵士たちの人気者となるが、型破りな彼の行動は上官たちの反感を買い…。

ある日エイドリアンは街で見かけた少女トリンに一目惚れをする。彼女に近づこうとアメリカ軍の主催する英語教師をかってでたり、彼女の兄ツアンたちと酒を交わしたりし、ベトナムの普通の人々との交流を描いた作品。

 

              感想

f:id:musicismath:20160908013003p:plainエイドリアンの意中の彼女トリン(美人!)

とにかくロビン・ウイリアムスの話術がすごく、米軍基地のDJ役なのだがとてもハマリ役である。

また軍人といってもDJという非戦闘員であるが、ベトナム人から見たら鬼畜米兵と変わりはなくツアンたちもエイドリアンを色眼鏡で見ていた。しかし酒場で他の米兵がツアンに差別的な態度をとったことに憤慨し、エイドリアンは米兵と殴り合いの喧嘩をし、友人ツアンの味方をする。米兵でも悪い奴では無さそうだ。

 

アメリカの進駐軍が街にいようとも、どの人々にもそれぞれ暮らしがあり、小競り合いもあるが上手く住み分けをして穏やかで牧歌的な一面も見られる。誰だって穏やかな生活が好きさ。などとほのぼのしていたらこの映画の演出に見事嵌ってしまった。

ある朝エイドリアンが流した曲はルイ・アームストロングの「what a wonderful world」だった。

このシーンだけでも見て欲しい。

www.youtube.com


What a Wonderful World
この素晴らしき世界






I see trees of green, red roses too
I see them bloom for me and you
And I think to myself, what a wonderful world

木々は青々としげり
バラの花は赤く色づく
私やあなたのために咲く花たちを見ると
しみじみ思うよ
この世界はなんて素晴らしいんだろうと


I see skies of blue and clouds of white
The bright blessed day, the dark sacred night
And I think to myself, what a wonderful world

青い空と真っ白な雲
そして昼の輝きと夜の闇
しみじみ思うよ
この世界はなんて素晴らしいんだろうと


The colors of the rainbow, so pretty in the sky
Are also on the faces of people going by
I see friends shaking hands, saying how do you do
They’re really saying, I love you

空には七色の虹がかかる
過ぎ行く人たちの表情も美しい
友人たちは握手を交わしながら「ご機嫌よう」と言い
心から「大好きだよ」と言い合う


I hear babies cry, I watch them grow
They’ll learn much more than I’ll ever know
And I think to myself, what a wonderful world
Yes, I think to myself, what a wonderful world

赤ん坊が泣いてる
この子たちが育つのを見ていよう
彼らはこれから先、私よりずっとたくさん学んでいくだろう
しみじみ思うよ
この世界はなんて素晴らしいんだろうと
そう、本当に思うね
なんて素晴らしいんだろう、この世界は

 _________________________________________________________________

 

 

 

私が住む地域では天気予報にこの曲をアレンジしているバージョンのものがBGMで流れるのだが、聴くたびに映画のシーンを思い出し、もの悲しくなってしまう。

この映画はU-NEXTで扱っていますが、残念ながら有料の方の動画です。

でも見て損はない映画です!