読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アイコス「ドヨン」対策

f:id:musicismath:20170304011027p:plain

前回アイコスをやめてみると宣言してしまった私ですが、結局すぐにアイコスに戻ってしまいました。

 

 

理由は味とか体調とかではなく、単に物に匂いが染み付くのが耐えられなかったため、2日でまた戻るハメになるました。

学校のテキストとかマジでヤニ臭くなるんだもん。

 

僕のアイコスへの体調不良疑いには2点あって、肩凝りとあと末端冷え性です。

両者に共通するのは、血行が悪いということ。

よく言われる「ドヨン」も血行不良で主に脳の血流か肩や首が凝ってると勝手に思っています。

 

そこで色々サプリメントを飲んでみたんですが、タウリンのサプリを飲むと冷えや肩凝りが凄く良くなりました。(個人の感想です)

 

私は海外通販でNOWというメーカーのものをのんでいますが、amazonでは扱っていないらしく

タウリンの豊富そうなサプリメントを参考のため貼っておきます。

 

<p 

タウリン冷え性や肩凝り・脳を含めた血流向上や肝臓にも効果があるらしく、アイコスのドヨンを沈めてくれるんじゃないかな、と思います。

 

 

仮初(に)、アイコスやめるってよ

f:id:musicismath:20170206233231p:plain

 

ちょっと意見が2転3転して、お恥ずかしいのですが、一時期あれほど終の棲家を見出したようにアイコスを絶賛していたのですが、タイトル通りちょっとアイコスやめて見ます。

本当はもう禁煙にしたいんですけど、もう少しで春休みが来るので、本腰入れるのはそれ以降にしたいと思います。

元鞘のアメスピを吸ってるんですが、あんま美味しくないし、もうこういうのに振り回されるのも疲れたなァ。そう、疲労です。心も体も疲れ果ててます。控えめに言っても鬱です。

鬱病以上確定SRガチャと化してます。

 

アイコス中断の経緯ですが、やはり自分の体には刺激が強すぎる物質が入っているような気がしたからです。

実は私、中度ぐらいの入眠障害でして、睡眠導入剤を飲まないと眠れない体質なんですけど、それが先日、怒涛の試験勉強のため部屋に篭り、初めてヒートスティック1日2度買いに行くぐらい吸ってしまったんです。

その夜はいつもの薬を飲んでも全く眠れなくて、それ以前にも同じような日があり、寝れても疲れが取れない日が続いてました。

もちろん先日の不眠の原因は部屋に篭って動かなかったこととかもあるんでしょうけど、思い返せばアイコスを吸い始めてから冬場が特に呪われたように不調でした。

やはり冬場は水分摂取も減るし汗もかかないので、水溶性のニコチンが排出されず、不眠の日は覚醒作用が途切れなかったのでは。今年の冬場に急に来た肩凝りや冷えもニコチンの血管収縮が自分にはキツすぎたのではと疑い始めました。

あと肺は健康になったんでしょうけどキック感を感じる咽頭の部分やフィルターが当たる側の舌先が痛かったり、まあ疑心暗鬼になればきりがないんですけどね。

 

自分ももう歳なんでちょうどそのタイミングで体が衰えてきたのかも知れませんが、しばらくアイコスはおやすみにしたいと思います。

とりあえず水分を沢山とって、なるべく湯船に浸かり汗を流して、3日ぐらい様子をみてみたいと思います。

交換してもらったばっかだし、低ニコチンのヒーートスティック出してくれないかなあ。

紙タバコ1日目だけどニコチン欠乏になるのが早いのか、タバコが吸いたくて疼く感覚が戻っちゃったんだよな。

 

また、今後紫煙をくゆらす以外に。脳が疲労した後や緊張が高まった際に手軽にリラクゼーションを得られるものを探していこうと思います。

ではおやすみなさい。

アイコスを止めて紙タバコを吸ってみた

f:id:musicismath:20170130013024p:plain

ついに禁煙失敗!!!!

ってわけじゃなくって、今アイコス壊れたのでチャージャーを送ってもらっている最中です。

だから本当に自分が感じている不調がアイコスによるものなのか対照実験をして見ました。

 

以下感じたこと

・最初の一口はまずい(よく言われますね)

・自分はアメスピをすっているんですが、アメスピの方が値段が高い!

つまり経済的にはアイコスの方がお得ではある。

 

肩凝りが無い気がする!!

これは今日あまり寒くなかったからかもしれませんが。

でもアイコスを吸っていると眼圧があがるのかコンタクトを入れるとき目が痛かったりします。

・あといつも冷え性の足があまり寒くない

これも外気が関係しているのかもです。

 

・室内にヤニ臭が復活してしまった(アイコスの一番のメリットですね)

 

・思えばアイコスはまともに吸えるまでの工程が面倒だ

紙巻きはライターあればすぐ吸えますからね。

冬場のアイコスの点かなさったらよ…。

 

 

とまあこんぐらいでしょうか。

明日にはまたアイコス生活が始まるんですが、うーんやっぱ強ニコチンが肩凝りとかの原因になってる気がする。

あまり寒くない日でも肩の凝りが深いところで痛みを放ってる気がするし。

しばらくアイコスを利用して、完全禁煙に入ろうかなと思います。

【必読】もしアイコスが壊れたら

f:id:musicismath:20170128095435p:plain

 

もしもアイコスが壊れてしまった場合、すぐにカスタマーセンターに電話しよう

 

冬になると外気との兼ね合いで、なかなか緑のランプまで点かず、すぐ赤いエラーになりますよね。結局まともに吸えるようになるまで下手したら10分ぐらいかかることもしばしば。

 

私はアイコスを利用して半年ほどで、ホルダー一回、チャージャー2回壊れてしまった。

アイコスへの移行が完全に済んでいない、ともすれば紙タバコに戻ってしまう、危うい時期です。

それでも我慢しましょう。

ちなみに電話番号(フリーダイヤル) 0120-190517

      受付時間(不定休) 8:00~22:00

こちらがコールセンターになります。

 

なぜなら良品が届くのがむちゃくちゃ早い!!

羽田の物流センターから発送されるので、恐ろしい速さで着きます。某アマゾンよりも早いのではないかと思います。

私の住まいはアマゾンでも3日はかかる僻地に住んでいるのですが、交換対応が翌日にきたことがあります、まじでびっくりでした。

おそらく多くのアイコス嗜好家は、もうすでにタールには拒絶反応を起こすぐらい嫌紙巻となってるでしょう。吸いたくても吸えない。コンビニに本体が合って買えればいいんですけどね、少し根が張りますが。

 

【裏技?】もしチャージャー(タバコっぽい細いやつ)のブレードが折れてしまい交換する場合

こういった物理的損傷の場合、1度だけ良品交換対応をしてくれるのですが、2回目以降は頑として交換してくれません。ブレードの破損だけでなく、内部の事情で部品が外れたりと、正しく使っても器質的に壊れたと判断すれば、99%2回目は受け付けてくれません。

よって電話口でも罪悪感を押し殺して、なんかランプが点かないという申告をしましょう。

そうすればまず交換を断られることはないでしょう。

 

 

【まとめ】

他の記事でも書きましたが、多くのメリットのあるアイコスですが、どうも1本あたりニコチンが自分には強すぎ、血行不良で肩こりなど慢性的な疾患を起こすことがあり得ります。

なので本数に気をつけて、健康に支障のない範囲ですいましょうね。

【受験】受験生のみなさんへ 国立と私立へ2度大学へ通った感想

f:id:musicismath:20160926014055p:plain

受験生の皆さん、センター試験ご苦労様でした。

結果によっては第一志望へ近づいたり、残念ながら志望校を受かるか不安になっている人も全国に大勢居るでしょう。

 

僕は恥ずかしながら大学に2回行き、現在も大学生として課題に負われている最中ですが、国立・私立どちらも通ったことがあるので色々参考になればと思い、両者の違いを自分なりの所感で記事にしたいと思います。

 

 

国立大学と私立大学の違い、これは僕の経た学歴による偏見が多分に含まれているだろう。

10代の頃に東京の私立に通い、現在地方の国立(ネットスラングで言う駅弁)に通っているが、都市レベルによる差もあるだろう。

都内近郊の国立のことは知らない。だから東大や一橋大学辺りだともう少し毛色が違うのかもしれない。

 

目次

  1. 国立大学の学務課はシステムが洗練されていない
  2. 国立は立地が悪くとも自力で行くしかない
  3. 国立は生協などの学生支援が貧弱
  4. 結論:国立大学は誰のもの?

 

 

1.国立大学の学務課はシステムが洗練されていない

 

今通っている国立大学で色々な手続きを行うと、物凄く不便さを感じることが多い。

授業の履修はウェブで大学設けるシステムにログインして登録するのだが、これがとても分かり辛い。

ポチポチと必修授業を時間割の通りに一つづつ登録していくのだが、特別な入力方法をしないと選ぼうにも出てこない授業がある。

特に我々のコースは国家試験やら厚労省の方針でカリキュラムの指定があって、9分9厘みんな同じ授業を取らざるを得ないんだから、ボタン一つでシュパッとできて、再履や教職のように追加する必要のあるものだけイレギュラーで調整するようにすれば便利なのだが…。

 

私大の方こそまだネットがここまで一般的になる前で、授業の履修は履修申請書のような書類の提出だったが、つつがなく済んだ。

 

また連絡事項はメールで一斉送信で来るのだが、来るのは留学とかセミナーや変質者が出没の注意喚起などあまり一部の人にしか関係の無い内容が多く、肝心の休講情報や祝祭日の授業の有無など実用的な情報が来くることがほとんどない。

また授業の予習や準備などの事前通達を学生に「ラインなどで連絡を取り合ってね」というような感じだ(それは貴方がたの仕事では…)

 

まあ書き出せばキリが無いが、質問に行ってもたらい回しにされることなど、もう少しシステムとして洗練されるべきだと思う。

 

 2.国立は立地が悪くとも自力で行くしかない

僕の通う大学は医療系学部があり、そこだけ全く違う所にキャンパスがあるのだが、これがまた結構な峻険な山の上にあるんですね。まさに地獄坂。

一応市バスを使うことも可能だが、そこに来るまでに電車などを利用している者も多く、市バスまで定期券を作るのは金銭的に厳しい。

また車通勤が出来るリッチな学生もいるが、駐車場は限られているため、年間の駐車場契約の抽選(結構な倍率)に漏れると、それは叶わなくなる。

私立ならシャトルバスなどを定期的に走らせているんでしょうけど、そういうものはない。

そして、やっとの思いで山の頂上に来たとき、恐ろしいことにこれはまだ序章に過ぎないのだ。

そこから広大なキャンパスの中央まで20分ほど歩き、講義室の有る部屋まで階段を重たい教科書をからいながら5~6階まで階段で昇らないといけないのだ。

まあ医療系ということで運動不足の解消にはなっているが、猛暑日や雨の日などは滅法辛い。

ちなみに前の私立大学はエスカレーターが付いていて楽だった。まあさすがにこの国立の階数にエスカレーターは過剰だが、男子学生が乗るのを憚られるぐらいのちんまいエレベーターだけでは、昼食を買いに行くのも一苦労である。

 

 3.国立は生協などの学生支援が貧弱

 まず学食がとんでもなく狭い。利用しようと思ったことはほとんどない。時間をずらせば利用できるんだろうけど、空きコマがないため、僕が食堂を使うことは今後もほぼないと思われる。

大学病院が併設されていて、来院する方々のお食事どころにもなるので、もう少し座席を確保するべきであると思う。ちなみにこのキャンパスの周囲にはコンビニが数軒あるぐらいで、陸の孤島の様相を呈している。

さらに教科書購入も生協を通じて行うのだが、あらかじめ教科書は生協で買うことが義務付けられている。それが江戸時代の農民の五人組制度のよう班を設けて購入するので、一人だけ抜け駆けしてネットで買ったり、先輩から貰ったりなどが出来ないんです。

これがなかなかの金額で半期ごとに5万円前後かかるのだ。

田舎の安い賃金で学業と平行して得られる僅かな収入が一瞬にして無くなるのは辛い。

また教科書の引渡しのやり方も、無駄が多く5人でまとめて会計をするのだが、事情により欠席するものもいるため、売掛金として扱うため、申込書はちょっとした簿記の問題のようになっている。それを事務員さんが再度入念に計算するため、教科書の受け取りで3~40分かかることもある。

 

 4.結論:国立大学は誰のもの?

 かつての国立大学の学費は3万五千円であった。これは当時の経済事情を考慮するとフェアな比較ではないが、高度経済成長期や80年代の安定期など今より景気の良い時代から約2倍近くに上がり、大体54万円だ。学費の安い私立文系と比べるとまだ若干の差はあるが肉薄している。私立大学は生徒獲得のため学費を下げることはこの先ありえるだろう。

最初に卒業した私大はそれが当然だと思っていたが、国立はもう少し民間の大学のサービスの向上を見習わないと、学費ほどコスパとして余り良くはないなと思ってしまった。

 

 私達はよく医学部(私は非医学科)には膨大な税金がかかっている、だからそれに反故しないよう勉強しろと言われる。

国立大学の恩恵を一番享受しているのは教員を含む大学職員じゃないかと思う。

膨大な税金は人件費が問題になってるんじゃないのか

準公務員にあたる待遇で、私大トップ層の大学職員より年収は低いだろうが、世間並みの、特にこの田舎では勝ち組と呼ばれるぐらい高給取りだ。

学務課には暇そうな職員がべらぼうにいる。

もう少し将来を担う若者たちの教育を生活面からでもバックアップして欲しいと思う。

 

私怨になるが、入学するか迷った末に募集要項を貰いに行ったときの女性職員の態度には怒りを通して唖然とした。

僕「すいません、入学願書を…」

女性職員「は?」

僕「(あ、間違えた)募集要項を頂きたいんですけど」

女性職員「(無言)」

3分後に戻ってきて無言で手渡された。

女性職員「ん。(ほらよ)」

僕「…(苦笑い)」

 

対外的な窓口であり大学のイメージともなる職員がこんな態度はないだろう!

結果無事合格し通学をしているが、この出来事はその後の不便な生活を暗示していたのである。

他の国立・公立大学のことは知りませんが、僕の実体験として国立大学の運営は改善の余地が多々あり、きっとそれは体質的にも今後も長く続くのではないかと思う。

末端冷え性がトライアンドエラーで得た寒さ対策

今週のお題「冬の寒さ対策」

他の記事でも書きましたが、特に末端冷え性が酷く、ここ最近の気温の低下でモロにダメージを食らっています。

 

1.寒さ対策でよく言われるのは、「手首・足首・頚動脈あたりの首を温める」これが王道じゃないでしょうか。

この3首は、体の外側から触れることの出来る触知動脈であること

むしろここを外気にさらすと、外側から触れられるくらい浅い場所にあるので外気の影響を受けやすく、そこを通過する血液が冷えてしまい、ひいては体全体が冷えてしまうと言われています。

よって、マフラー・手袋・ネックウォーマーでセルフケアを行いましょう!

 

サプリメントや漢方を飲む

「冷え症」はいわゆる病院では専門科はないそうです。これは欧米人に冷え症がいないため、病気として認識されておらず、専門医は日本でもごく僅かです。婦人科では扱っているところも多く、保険適用内で漢方薬の処方をしてくれるそうです。西洋薬でもワルファリンなど血流をサラサラにする薬を処方してくれるかもしれません。

民間療法ですが私が少し効果があったと思うのは

シトルリン

・アルギニン

・ビタミンE

・葛根湯

・加味逍遥散

・半夏厚朴湯

・ショウガ(特にお湯に溶かしたものを飲む)

・スパイスの効いたカレー

養命酒

・甘酒(近年注目が高く、栄養価が高い)

 いずれも血流を良くしたり、体を芯から温める効果があります。

 

3運動をする

これまた王道です。

どうも私は足先から足の裏が冷えるので、ウォーキングなどをおこなってみましたが、効果は薄かったです。歩くなら傾斜のきつい坂道の方が足首への負荷が大きく冷えへの効果は高いです。

ウォーキングより遅いスピードのジョギング(いわゆるLSD)の方が運動強度も高く、また走るとふくらはぎにある腓骨筋が鍛えられることにより、足の末端まで血行がよくなります。

ジョギングが難しい人は爪先立ちと踵立ちを繰り返すと、腓骨筋周りや足首が鍛えられ血流がよくなるそうです。

またいわゆる全身の筋トレで、熱産生能力を高めるのも王道といえます。

 

4お風呂で保温

自宅でも良いですが、近くに温泉があれば暖かい風呂やサウナまどで保温をし、心臓の遠いところから水風呂に浸かって見ましょう。温冷反復浴と呼ばれるもので、自律神経を鍛え、寒いときは寒いところを、熱いときは放熱をするように体の司令部が切り替えをしてくれるようになるます。また水風呂に入ることで毛穴がひきしまり、サウなやお風呂でぬくもった状態に毛穴を閉じて栓をしてくれるので、水風呂を最後に上がっても体はポカポカします。

 

※5ゆったりしたボトムを履く

実は最近自身でも目から鱗だったんですが、ゆったりとした裏起毛のジャージを履き、さらにもう一枚バイク乗りの人が履いてる合羽のようなゆったりしたジャージをはくと、足先まで血行が良くなることに気付きました(会社員や女性には難しいかもしれません)

つまりゆったりとした防寒性の高いパンツを重ね着することでしょうか。

自分はスキニーなどの下にタイツを重ね着をしていたんですが、それでもふとももは温かいのですが、膝下から足先は冷えたままでした。ファッション性は低下しますが、保温性のあるダボっとしたジャージの重ね着をしたら、上記の方法のどれよりも足裏がポカポカで、嬉しいやら拍子抜けやらで、こんなことで治るんかい!と複雑な気分でした。でもやっと足の末端の冷えから解消され、冬季性うつのような心身の不健康さからは解放されたように思います。

お洒落な人々、特に女性のスリムなパンツや男性の細身・スキニーなどは足の血流を阻害しやすく、細身の服に重ね着うぃすると、膝や足首で血流が悪化するように思います。

まあこれはたまたま自分にあった方法にだっただけかもしれませんが、休日にでも試してみて欲しいです。

 

6まとめ

アラサーになり、若い時分は異常な熱がりだった私ですがこの頃冷えに心身を侵され、こんなに苦しいものかと悩んでいる人の気持ちが分かりました。

まだ寒い日が続きますので、色々試して暖かくて心も体も満たされるような毎日をお互い送れるようになると良いですね。

<了>

アイコスを吸うと冬場が特に体調が悪い

f:id:musicismath:20170127233916p:plain

 

 

★紙タバコをやめて数ヶ月はアイコスの肯定的な面が実感できるようになったが…

 

 

5月からアイコスに変えて、初めは禁煙のプラス効果に似た良い変化を感じていた(ニコチンを含むためアイコスを吸うのは完全な禁煙とは言えない)

実際にタールがないために、肺や気管支が物凄く楽になった実感を覚えた。喫煙後の脈拍の増加も抑えられ、心拍数も上がらず穏やかな喫煙の満足感を得ていた。

 

だが冬場になってどうも体の調子が悪い。特に首や肩こりや腰の鈍痛が顕著で、フィルターのカットできる部分を外して吸うと喉に強い刺激を感じるようになった。

 冬は血管が収縮しやすく血の廻りが悪くなる。

「冬場になると膝が冷えて…」なんて健康食品のCMがあるが、こんなに身をつまされる日が早く訪れるなんて…(;;)

 

もちろんこれには個人差はあるのだろう。喫煙を続けても健康な長寿の方々はいる。

よって自分がアイコスの成分の中のどれかが体質的に合わないことも一因であるだろう。

 

 

 

★やはりニコチンの作用か?

タールを摂取していないので、息切れや咳などはほとんどなくなった。しかし冬場になりどうも体が、重たいそしてすぐ風邪を引く。

手足が冷たく、特に足の裏や指先が異常に冷えるのだ。

知り合いにも同じような不調を訴える人がいて(といっても一人なのでデータとしては乏しいが)アイコスをやめた途端、肩こりが緩和されたという言っていた。

アイコスは紙タバコよりニコチン量が多いと言う俗説があり、強いものだと紙タバコ10倍のニコチンを摂取していることになっているらしい。

結果として自分は冬の血行の悪くなる時期に肩こり・腰痛・首の凝りが例年より重くきつく感じており、血流悪化により入眠困難と寝ても筋肉が緊張して疲れが取れず、メンタルにも不調を来たしている(全てがアイコスのせいだとは限らない)

そして上述の四肢の末端の異常な冷感刺激と冷えを、外気が下がれば下がるほど苦痛を感じているのは事実だ。

暖かい靴下を履いても、顔が汗をかくくらい温かいものを食べても足先の冷えは解消されず、動脈硬化やパージャー病(タバコ病)を疑うほどだ。

 

 

 

★結論:アイコスは結局悪なのか

体質に合わない人もいるし、作用が強くでてしまう人もいる。

喫煙の有害物質の中でタールが一番害があることは疑いようの余地はない。紙タバコでタールを摂り続けると、COPD(慢性閉塞性疾患)になる確率は高い。

しかしもしニコチンによる血流の悪化がアイコスによるものだとしたら、慢性的な身体の不調を引き起こす可能性は否めない

夏場はおそらくそういった症状を感じないだろうが、まだ今後も続く冬場では様々な不快な症状を感じる方もこれから増えるかもしれない。特に冬場は冬季性うつ病という日照時間や血の巡りが悪くなることで、精神的にも調子を崩すことも考えられる。

 

そのような場合、ジョギングや定期的な入浴やサウナなど、凝りや血流に対するセルフケアが必要になってくる。

アイコスは素晴らしい製品だと思う。当然自分は紙巻タバコはもう吸わないだろう。

ちなみに今はメンソールからミントに変えたが、ニコチンの量が半分になっているという噂もありプラシーボかもしれないが、血行の悪さは幾分か解消されたような気がする。

 

まとめ

まとまりのない意見になってしまったが、タールは有害だがニコチンも度が過ぎるこれほど強く作用するのだと、素人ながら恐れを感じた。

最近は本数も減らし、ジムで体を動かし、血流の良くなる漢方やサプリメントを摂取している。

今までは若さの恩恵もあり、その予備力で不調を感じなかったが、30代40代になると体にダイレクトに不調を来たすことが多いのだと感じ入ることが多く、みなさんご自愛ください。